PTAの役員の引き受け方 くじ引き 引き受ける?

 

三月の初めになると、お子さんの学校や、学年も変わるのが間近に迫ってきますね。

新しい学校、新学年、お子さんいとってドキドキ嬉しいことがある一方で、

親御さんは次期の「PTA役員」の依頼のことでがすでに連絡がきていたり
「新学期、PTAどうしよう?」と、ヒヤヒヤされている方も多いのではないでしょうか?

今回は、私の経験も踏まえ、PTA役員についてと、役の引き受け方、

くじ引きであたった場合などについて書いていきたいと思います。

PTAの役員とは

 

そもそもPTAとは、P=Parents(保護者)、T=Teacher(先生)、A=Association(組織)の略。

子どもたちのすこやかな成長のために、親(Parent)と先生(Teacher)だけでなく、
家庭、学校、地域社会がお互いに協力し合ってさまざまな活動を行う集まりであり、
ボランティ団体です。

以下、地域により違いますが、どんな役や委員さんがあるのか見ていきましょう。

1、PTA本部役員(運営委員)

PTA会長

PTA組織のリーダーとして役員をとりまとめるかかりです。

学校行事での挨拶、PTA代表として地域の人や他校と交流など仕事は多岐にわたります。

PTA副会長

会長のサポート役です。諸事情で会長不在の時に代役をしたり、会長と一緒に地域の人や他校との交流に出向くこともあります。

2、3名選出される学校が多いようです。

庶務(書記)

会議の時に議事録を作成して、PTAからの配布物の印刷、配布、管理などを行います。

パソコン能力はある程度必要になります。2名選出される学校が多いようです。

会計

PTA会費の集金や会計事務全般、財務管理などを行います。

お金を扱うことが得意な人向きです。2名選出される学校が多いようです。

会計監査

PTAの会計を監査する係りです。前期(中間)と、後期の会計の監査し、年度をまたぎ
次年度のPTA総会で監査結果を報告します。

2~3名選出される学校が多いようです。

2、その他の役員、委員

学級委員

各クラスを代表し、クラスや学年の親睦を図ります。

担任の先生や学年に関わる先生と交流し、各学年の児童生徒と保護者の架け橋の係です。

各クラス2名選出されることが多いようです。

広報委員

 

学校行事や児童や生徒の学校生活の様子や、先生との交流を広報という印刷物を作成し、PTAや外部の学校運営協力者に配布します。

各クラス2名位選出されることが多いです。

郊外委員

学校生活と地域生活の架け橋をする係りです。

各学校により、PTAの役にカウントしないところもあるそうです。

春の全国交通安全運動の期間に交通指導のお手伝いを地域の方や警察の方と協力して横断歩道の旗振りや夜間の安全指導(パトロール)などをします。

各地域、1名から2名選出するところがおおいです。

青少年育成協力会(青少年育成指導委員会)

呼び方は、各地域により異なるかと思います。

学校と学校を取り囲む広域の地域支援活動をしている団体と連携して、健全な青少年の育成指導のお手伝いをする係りです。

各学校2名くらい選出されます。任期が2年のところもあります。

その他、母の会、地域の児童館の受付係りなど。

学校の児童・生徒さんの人数や、地域により異なりますが役員としての種類はかなりあります。

PTA役員の引き受け方

多分、一番上のお子さんが小学校に入る方が一番心配なのではないでしょうか?

小学校は特に6年間あるので、その6年間で最低一役やる覚悟だけはしておいた方が良いと思います。

一人のお子さんに対して、6年間の内に必ず一役やるようにしましょう

と、入学説明会等でもPTA活動についての説明があったかと思います。

なるべくなら、できそうな時に早めに引き受けておくことをお勧めします。

学級委員などは、選出前から仲良しママさんで、ペアでやる打ち合わせが出来ていたり
して、いざ懇談会の時の選出となると、ペア対決!!なども良く聞きます。

確かに、意思疎通が迅速に取れる人同士の方が、クラス活動や委員会の運営にも参加
しやすいのも事実ですが。

新しく保護者同士のコミュニケーションを作るのもPTA活動の良いところでもあります。

もし、ペア対決になってしまったら、その委員は諦めて、別の委員を引き受けてしまうのも一案です。

下のお子さんが未就園児の方だと、各委員会の定例会などに出にくいこともありますが、
逆に助けてもらえるケースの方が多いと思います。

下のお子さんが定例委員会の部屋に居てもらうことは、小学校では実際よくありました。

一番選出でもめたり、ヒヤヒヤするのは、上に書いた各委員会で、いわゆる

「4役・・・委員長、副委員長、書記、会計」になるかどうかでしょう。

4役に選ばれると、学校への出動回数も増えますし、一つ上の運営委員会にも出席することになるので、フルタイムで働いている方にはちょっと厳しいかもしれません。

ただこれも、いっしょに4役を引き受けることになる、他の方とのコミュニケーションにもよるので、働きながらでもやっている方はたくさんいます。

これも、後に書く、「くじ引き」 で決まることも多いので、どうしても引き受けられないようなら事前に工夫が必要かもしれませんね。

基本的には、PTA活動はあくまでボランティアなので、事前に各家庭の事情や、考慮してもらいたい事情を、PTA役員記録カードなどにはっきり書いておくと選出の際にスムーズかもしれません。

 

くじ引きで当たってしまったら

上に書いた通り、各クラスの委員選出、各委員会での4役の選出で、誰も立候補者が
出ない場合はくじ引きになるケースが多いことでしょう。

この場合、まず各クラスでの役員を引き受けるなら覚悟をして引き受けるなら引き受ける。

各クラスの役員自体を引き受けられないなら引き受けられそうな時期を、PTAの役員記録カードにはっきり書いて、その年度は逃れる。

特に、各委員会の4役の選出の場合は、実際に活動できないのに引き受けることになったら委員会自体の運営が出来なくなり、

他の委員の人や先生たちに大変な迷惑をかけてしまいます。

もし、「どうしてもできない、あるいはやりたくない」のであれば、断固として引き受けないことも大事だと思います。

最終的な手段として考えていただきたいのですが。

引き受けない方法は、以下のような方法があります。

それは「PTAをやめる」(または最初から入らない)という方法です。

それを具体的にどうPTAに伝えるのかが課題ですよね。

いちばん良いのは、PTAに、そもそも入らない旨を学校や先生に伝え、クラス役員決めの当日は欠席する、という形です。

先生はPTAが任意加入であることをよく認識しているはずなので、あらかじめPTA役員さんと調整してくれる可能性があります。

担任の先生でなく、PTAとの調整役である教頭先生や校長先生に伝えておくのもいいかもしれません。

最近は学校も、PTAの自動強制加入を可能にする「名簿の無断流用」が違法であることを
認識しており、訴訟になるのを避けるため、「参加しない」という保護者を守ってくれる
ことが出来ます。

もしかしたら、先生の手が及ばず、欠席のまま委員を押し付けられてしまうこともあるか
もしれません。

そのときは、あくまで「引き受けられない」(または退会する)という旨を、PTAと学校に文書で伝えておくことを忘れないでください。

「委員になったのに、何もやらなかった」などと言われることが避けられます。

また、PTAに入っていて、PTAではクラス役員を断る際に「できない理由」を皆さんの前で言わされることがよくありますが、

家庭の事情を言うのがそもそも難しい場合もあるでしょう。

例えば、自分自身に持病があったりすれば、尚更なので、言わなくても構いません。

ただ、もしクラス内に知っている方がいれば、それとなく事前に事情を話しておくと
気が楽かもしれません。

 

まとめ

 

PTAの役員決めは、きっとどこの学校でも春の花粉症と同じくらい、皆さんゆううつ
かもしれません。

私も、上の子の小学校の時は、下の子がまだ0歳から5歳さいだったので

土曜日の行事で確実に預かってもらえる人がいなくて、断るのにひと苦労しました。

でも、私が槍玉にあがりそうなときに「引き受けられるときに引き受ければ大丈夫!」
と励ましてくれる人もいて、ホッとした経験があります。

逆に、下の子の時はフルタイムの仕事ではなかったので、小・中学校とも引き受けました。

引き受けられる時が来たからです。

やってみて思ったのは、大変なのは時間をつくることより、委員間のコミュニケーション
をうまく図ることでした。

実際に顔を合わせずに、LINEだけだのやり取りだけだと細かなニュアンスが伝わらず、
悶々としたことも多々あります。

逆に、役員を通して、今まであまり関わりがなかった人ともお話しするきっかけができました。

役員終了後も、子ども同士の関わりと関係なく、ランチ会などで気楽に話せる機会もあり、中学生の難しい時期の悩みを共有できたりと良いこともあります。

PTAをやらないという選択もありですが、もしお子さんのことなどで悩んだり不安があれば思いきって引き受けてしまうのも良いと思います。

皆さんの状況に合わせてPTA役員を、うまく引き受けたり、断れたりできたら良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。