ルイボスティー ノンカフェイン 効果とお味は?

「ルイボスティー」の名前は、一度は皆さん聞いたことはあるのではないでしょうか?

特に女性の方は美容に良い!!というちまたの評判で、試している方も多いかもしれませんね?

ただ、自動販売機ではあまり売っているのを見たことがないので、お試しで飲んでみたいけどまだ飲んだことがない….という方も多いかもしれません。

今回、たまたまスーパーで売っているのを友人が見つけて、プレゼントしてくれたのでトライしてみました。

実際飲んでみた感想も含めて見ていきたいと思います。

ルイボスティーとはどんなお茶?

ルイボスティーの原料である「ルイボス」は、南アフリカ共和国のケープタウンのセダルバーグ山脈一帯の厳しい環境でのみ自生する、生命力あふれる貴重な植物です。

このような昼夜の気温差が激しく、過酷な環境でたくましく育つルイボスは、
カリウム、マグネシウムなど様々な素晴らしいミネラルを含み、南アフリカでは
日々健康のためにお茶にして飲まれ続けてきました。

そしてなんといっても、ルイボスティーは、カフェイン含有量ゼロのノンカフェインのお茶なのです。

なので、赤ちゃんからお年寄りまで、そしてカフェイン摂取を控えた方が良いとされる妊産婦さんも安心して飲めます。

このようなボスティーには、どんな効果があるのか?次に見ていきましょう。

ルイボスティーの効果は?

ルイボスティーには、ビタミンB2やマグネシウム、カリウムなど特に女性に嬉しい美容に嬉しい成分がバランス良く含まれています。

また、ルイボスティーに含まれるスーパーオキシド(酵素)という抗酸化成分が体内で過剰となった活性酸素を取り除き、無毒化します。

さらに、免疫力を高めて新陳代謝を促し、アンチエイジング効果、肌のたるみやシワなども改善し美肌に効果があるとも言われています。

では、同じくカフェインゼロと言われる麦茶と比較してみましょう。

麦茶もミネラルが豊富で、例えば麦茶の成分に含まれるアルキルピラジンとGABAによって、血行がよくなったり血液がサラサラになる効果もあります。

ただ、麦茶には身体の熱を下げる効果が高いので、特に妊婦さんは、冷たい麦茶は控えたほうが良いとされています。

夏の暑いときにノンカフェインのお茶として冷やして多めに飲みたい妊婦さんや、がぶ飲みしてしまいがちな小さなお子さんにとっては、ルイボスティーの方が、おすすめかもしれません。

今回飲んでみたルイボスティーとその感想

実は、冷やしたペットボトルに入ったルイボスティーがあると初めて今回知り、
かなりびっくりしながら飲んでみました。

いつもはホットティーでしか飲んだことがなかったので新体験です。

やはり独特の個性があるお味なので、最初口に含むと、おっーー?となりました。
でも、2口目を飲んだらホットで飲んだ時のお味を思い出せたので、あまり気にならずにパソコン作業しながら飲んでました。

通常ホットで飲むときには、濃さが調整できるので、最初に飲まれるときには、
少し面倒ですが、一度ティーパックになったものを購入して、ホットのルイボスティーを作りお好みの濃さで飲まれることをおすすめします。

でも、お茶のお味の醍醐味としては、この独特のお味もお楽しみなので、逆にハマってしまうかもしれません。

まとめ

今回、初めてペットボトルに入った冷たいルイボスティーに挑戦してみました。

普段は、家庭内かバイキング形式のお店でホットルイボスティーしか飲んだ経験しかなかったので、新しいお味の体験でした。

ルイボスティーの効果やお味の好みはそれぞれだと思いますが、今回、麦茶ことも調べる機会があり、冷たくして飲むにはルイボスティーの方が妊婦さんや小さなお子さんにはおすすめなこともわかりました。

ペットボトルに入ったルイボスティーも、イベントや夏場の持ち出しには大活躍なので、これから他のメーカーにもあるか?お味はどうなのかも試してみたいと思います。

皆さんも、ちょっと個性的なお味ですが、身体に良いとされるミネラル豊富なこのルイボスティーをお試ししてみてはいかかでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。